FC2ブログ








イギリスの日本支援チャリティベント その1

先週の日曜日、やっとイベントが終了!疲れもやっと和らいできて、またいつものペースに戻りつつあります。
私達が一生懸命準備して作り上げた寿司もかなり好評だった様子♪ 両日で600ケースもの巻き寿司を作ったのですが、ほぼ完売しました!未だ、主催者側で、どれだけ日本に送ることが出来るか集計中ですが、満足のいく額だと聞いています。

そして、私は・・・ 本当に疲れたけど、本当に楽しかった♪ ここまで頑張った経験は久しくなく、緊張のあまり、睡眠不足も続き、イベントが終わった翌日は、自分でもびっくりするくらい1日中ずっとウトウトする始末・・・ その後も、腕や足が痛かったりと、気持ちは一生懸命でも、体は着いて来てくれないものなんですよね(汗)でも、イベントを通じて、本当に貴重な経験をさせて頂きました。

今回のイベントでは、おそらく30人くらいの日本人と、10人くらいのイギリス人らが参加しているのですが、その中での私の担当は「寿司リーダー」そして、一番苦労したのが、人間関係でした。
色々な人が集まると、意見もみんなそれぞれ。みなさんからの意見を取り入れながら、なおかつ時には無視しながらも、前に事を進めて行くって、とても大変な作業なのです。今回は、すべて無償で働いて下さる方達な訳ですから、支持する側が横暴な態度に出れば誰も着いて来てはくれません。だからと言って、みんなの意見を聞きすぎると、振り回されて、事が一向に進まなくなる。だけど、最後までやり通す事が出来て、参加したみなさんも「楽しかった」の声が大多数でしたから、成功したのではないかと思っています。そして何と言っても、地球の裏側で、母国のために頑張った日本人達がいたと言う事で、東北のみなさんに少しでも勇気を与えられればと思っています。


さて、その寿司作り。半端なく大変でした!と言うのも、イギリス人のご飯に対する意識が、日本人とはずい分違い、冷蔵庫で保管するものだとみんな思っています。だから、寿司も、出来たら冷蔵庫保管が基本で、今回のイベントでは、会場に冷蔵庫を持ち込むことに・・・ そして、炊いたご飯を90分以内に冷まし、冷蔵庫保管という英国食品衛生法に従うと、酢飯の熟成時間なんてあったもんじゃありません(汗)
当日は、朝6時から、8台くらいの炊飯器を駆使し2日間合計で166合炊きあげ、酢飯にする作業。とても大変だった事は言うまでもありません。
また、それらの寿司に使われる中身の下ごしらえの一部を私が請けおい、イベント前々日から、1人キッチンにほぼ1日中立ちっぱなしで、大量の野菜たちと格闘したのでした・・・ この終わりの見えなかった孤独な戦い(子供達もいましたが、ほぼ無視)これからの人生でも経験する事はないと思ったので、それらの野菜たちの記念撮影をしておきました。さて、この地道な作業、実はイベント前日の我が家の夕食時になっても終わる気配がなかったので、空腹だった主人も私を哀れに思ったのか、野菜切りの手伝いをしてくれました(涙) 徹夜をも覚悟していたから、本当に助かりました。以下、記念の野菜たちです。

大量の青い豆たち。両端をカット→茹でる→冷ます→フードバッグに詰める作業。
IMG_3529 (640x480)

作業途中のパプリカ。この写真を撮った時は、すでに10個ぐらい終わらせていました。こちらも、洗う→カット→袋に詰める作業。
IMG_3535 (640x480)

レタスは20袋くらいあったと思います。洗う→サラダスピナー→芯をとる→袋詰めの作業。
IMG_3544 (640x480)

そして、写真の向こうに見えている黒オリーブは、4等分に切る作業。気絶しそうでした・・・

スポンサーサイト





[ 2011/06/09 22:46 ] イギリスのくらし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumoritokidokihare74.blog52.fc2.com/tb.php/123-a88dd050