FC2ブログ








ドラム式洗濯機 のお話

こんにちわ♪

また、月曜日が始まり、静かな日中をのんびり過ごさせてもらっています。

今日のテーマは、イギリスでの洗濯機のお話。

キッチン家電で、もう1つ忘れてはならないのが、洗濯機。

イギリスでの大抵のお宅では、キッチンに洗濯機があるのです。






私が、まだ、日本で暮らしていた頃には、縦型洗濯機が主流でしたが、

最近では、日本でも節水に向いているドラム式に変わって来ているようですね。

そう言えば、始めてイギリスでドラム式洗濯機を見た時に、

「これだけの水で、ちゃんと洗えてるの~~?」

と不安になったものです。

でも、汚れもしっかり落ちている上に、とっていい匂い~~♪

それもそのはず、ドラム式では湯洗いなので、衛生面に優れています。

もともと洗濯が好きで、とくに洗濯物が回り始めると、目が離せなくなるのは、

きっと私だけだと思います。←夫から、変だと言われます(汗)




では、そんな変な私の「こだわり洗濯術~!」です。


ステップ1


まずは、カラーで衣類を分けていく。特に、白と黒は、別々にねっ♪



ステップ2


色分け出来たら、バスタオル(重たいチーム)とやシャツ類(軽いチーム)に分ける。

バスタオルとシャツを一緒に洗うと、シャツが余計にシワになります。



ステップ3

洗剤を指定されている分量ほど入れ、柔軟剤も入れ、スイッチオン。

水が少なそ~とか、洗剤が少なそ~とかで、洗濯中に引き出しを開けて

洗剤や水を注ぐのは止めた方がいいと思います。

以前の洗濯機では、洗剤や水をドンドンと追加したばかりに、

ドラムの軸?がずれたのか、脱水で妙な音を放つようになり、

ある日、全く動かなくなりました・・・(涙)

洗濯機を信じてあげましょう。



それから、海外では、柔軟剤の香りがとても豊富。

私は、匂いがとても好きだから、ついつい色んなものを試してしまいます。

学校でも子供達と話していて、その家庭での柔軟剤の香りがするくらいだから、

匂いの苦手な方は、強すぎるかもしれませんね・・・

ダウニーリキッド エイプリルフレッシュ 3.96L






匂いのついでに、洗濯機内の匂いが気になるのは私だけでしょうか・・・

原因は間違いなくカビだと思われるので、こだわりの洗濯の後は、

このように、ドアを大全開しています↓

IMG_2708 (338x450) (300x400)

が、夫や子供達は、必ずドアを閉めるくれます・・・

私なりの匂い対策ですが、たまに高温サイクルを使用する事。

どのドラム式にも90度位の白物プログラムがあるはずなので、

洗う物がなければ、空っぽで回す。

これは、カビ対策にもなりますが、洗濯機にもいいそうですよ♪

我が家のように、普段は30~50度プログラムしか使用しない方は、

たまに、高温プログラムもおすすめします。




そして、最後に洗濯機選び。

ドラム式で重要なポイントは、洗濯乾燥機を買わない事。

洗濯、乾燥とも中途半端で、故障も多い、消費電力も多いで、

あまりいい事はありません。

とくに全自動の乾燥機能は、使えない上に、電気代がっ・・・

あくまで、洗濯機、乾燥機は別々に買う事、重要です。

そして、保障期間の長いメーカーを選ぶ事。

それを考えると、「ミーレ」が一番のおすすめです。

しかも、20年保障らしいですよ。

「ミーレ」は、イギリスでも有名な家電メーカーで、

こだわる人は、すべてこのメーカーの商品を使っています。

安い物を購入して修理代を払うのなら、最初から壊れにくい商品を選ぶ。

本当に、そのとおりだと思います(反省)

そして、見た目もクラシカルで飽きの来ないデザインのものばかり。

ミーレ全自動洗濯機(ドラム式)W3830WPS


みなさまも、洗濯機選びには慎重になさって下さい。






スポンサーサイト



[ 2011/01/24 21:34 ] キッチン 家電 | TB(0) | CM(0)

かっこいい英国Dualit社製トースター♪ Dualit toaster

私の大のお気に入りっ♪
かっこいいカントリースタイルキッチンの主役、英国製デュオリットトースターの写真をもう少しアップしておきます

高価なアイテムを買うことはあまりないので、単なる自慢とも言います(爆)


ステンレス製だからお掃除も簡単。アメリカンなカントリーにもしっくりきますよね。

IMG_2704 (400x300)


ポップアップ式だけど、ノブを下ろさないとパンは出てこないから、タイマーが切れた後も暖かく保ってくれますょ~!

IMG_2699 (300x400)

左横にもロゴがあって~

IMG_2695 (300x400)

右横にもあるんです。僕はデュオリットだどぉーっ、存在感ありすぎです。

IMG_2692 (450x338)


クラムトレイは、取り出せて、水洗いOK! タイマー上部の赤のスイッチで、パン1枚モードにも切り替え可能だから、節電にもなります。

IMG_2683 (450x338)


クラシカルなタイマーにもしっかりロゴ入ってます!そして、とっても懐かしいタイマーな音です(笑)

IMG_2679 (300x400)



高価な家電を購入するのはとても勇気のいること。

でも、贅沢するもの、節約するものに分けると、すべてを高級品で揃える必要はないんですよね。

かっこいい、おしゃれなアイテム、さらにフォーカスポイントになる物にはお金をかける。

これが、イギリス流「見せるキッチン」の技なのです!




[ 2011/01/24 15:40 ] キッチン 家電 | TB(0) | CM(0)

おしゃれなキッチン家電 「見せるキッチン」

見せるキッチン家電 隠すキッチン家電



イギリスインテリア雑誌にあまり登場しない(隠したい)家電たちが、

炊飯器、湯沸しポット、電気ケトル、電子レンジなど。

電気ケトルを隠す代わりに、「アンティークなヤカン」

がガス台に乗ってます。

でも、デザイン性の優れたものは、家電であっても、見せびらかしてます!

そんな一番有名な自慢できる家電、イタリア製の「smeg」冷蔵庫。

これは、本当にかっこいいです!私もほしいけど、買えませんが・・・(泣)
Smeg1_convert_20110112214440[1]


それから、イギリス Dualit製のキッチン家電。

日ごろバーゲンハンターの私ですが、こちらは、思い切ってしまいました。↓

IMG_1717_convert_20110112200644[1]

この Dualit トースターはイギリスで本当に有名で、インテリア雑誌でもよく見かけます。

イーベイで中古品も見ましたが、中古品なのにみんな競り合うから、結構なお値段?

それもそのはず、もともと、カフェテリアに業務用トースターを降ろしていた

歴史あるメーカーで、壊れた際にも、部品交換が出来るのです。

そんなケチな私も、一生使用出来るからと、珍しく投資しましたよ♪

デザインもレトロスタイルで、カントリーのイメージにしっくりきてます。


キッチンをすっきり見せるために、全部隠してしまうと生活感がなくなりますよね。

そこで、Dualit製のトースターを始め、コーヒーメーカーや、ミキサーなど、

おしゃれなカフェテリアに様変わりです♪

そう言えば、このメーカーの電子ケトルもありますが、

個人的には「やかん」の方が好きです(笑)


[ 2011/01/03 15:01 ] キッチン 家電 | TB(0) | CM(0)